小説

うちの子オメガバース(オメガの目覚め/オメガの巣籠)

letm_official
R18/朔宮月影×守屋武蔵

BOOTHで販売中の電子書籍「うちの子オメガバース」のサンプルです。
αやβと遜色なく生きてきたΩ武蔵君が、α月影さんにデロデロに甘やかされてΩの悦びに目覚めちゃうお話。

オメガの目覚め、サンプル 

 体が熱い。ひりつくように喉が渇く。頭がガンガン痛んで回らねぇ。視界が霞んでぼやける程体の内側が引っ掻き回されて、興奮して堪らない。
「なんッ、だよ…!まだ二か月だろうが…!!」
 震える指先で薬を取り出して、口に咥えさせる。その時に指が唇を掠めた感覚にすらこそばゆいものを覚えた自分に苛立って、諸々を掻き消すように水と一緒に流し込んだ。
「ハァッ…!」
 鋭く呼吸を吐き出して、冷たいものが胃まで流れていく清涼感を味わう。
 大丈夫。これで大丈夫。一晩もすれば落ち着くはずだ。今だけだから。自分にそう言い聞かせて、とろくさい足取りで寝室に向かった。
 自分の周期を把握して、それに合わせて適切に抑制剤を飲んで、十代の後半以降もう十年近く発情とは無縁の生活を送ってきた。
 だからこそ、久方ぶりのヒートは強烈だった。

 
 ノミとコップ、という実験がある。
 蓋つきのコップに入れられて飼育され、限界を決められ続けたノミは、その後例え蓋が外されたとしても、蓋があった高さ以上飛ぶ事は無くなるらしい。本来はそれ以上飛べる能力があるにも関わらず、だ。
 だから俺は、αβΩの階級分けや優劣のラベリングの裏には、一見平等に見せかけている現代社会の中で未だ脈々と息づいている支配階級の、都合のいいコントロールが掛かっていると確信している。
 完全に平等になってしまっては困る。だったら分かりやすいΩを劣っている事にしよう。Ωはこんなに不都合で困った特性があるから、社会的には弱者の立場に当たるのだ。と、社会全体やΩ本人に擦り込んでいるのだ。
 バカバカしい。
 確かに発情は少し厄介だが、今は質のいい抑制剤が安価で手に入る時代だ。発情さえ自分でしっかりと管理すれば、βやαと遜色無い同じ人間として生きられる。勿論Ωらしく生きたい奴はそうすればいいと思うが、俺の性には合わないし、Ωだからという理由を振りかざして自分の人生を嘆いて可哀想ぶるなんて寒い事はもっとしたくない。そんなモンただの体のいい言い訳だ。
 性が何であろうが、俺は俺だ。
 そこには誰からのラベリングも必要無いし、俺が何者かなんて自分自身で決める。
 だから、初めての発情があって以降規則的に薬を飲み続けて体調管理を徹底し、Ωである事をクローズドに生きてきた。三月に一度抑制剤を使う事以外俺はβと何ら変わりなかったし、何ならα性と勘違いされる事すらあった。不自由に感じる事は何一つなくて、ともすれば自分がΩである事なんて、忘れてしまう程だった。
(親にたまに会うと「Ωの男のコって、もっと可愛く育つもんと違うんか…?」と、逆に愕然とされる)
 ほら見ろ支配階級のバカ共が。
 テメェらの安っぽいコントロールなんざ、今のご時世、もう流行んねぇんだよ。

(中略)

疼いて熱っぽくてどうしようもない股の間を、月影さんの舌でしらみつぶしに宥めすかされる。
「はっ♡んあ、ぁ♡あはぁぁ…♡」
 ちんこの先っぽを口の中でくちゅくちゅ嬲られて、雁首の段差を抉られて、血管を舌先で辿られて、裏筋をベロ全体でねっとり舐め上げられて、玉まで念入りに転がされて…。ただフェラチオされているだけでも、気持ちよすぎる刺激に開き切った股がぴくぴく震えて、もうどうにでもして下さいって体が降参しちまうくらい凶悪なのに、当然の如く舌はさらに奥まった部分まで伸びてくる。
「ひンッ…!♡♡」
 熱い粘液が溢れているのが自分でも分かる場所に、ぴとりと舌が触れると、ビリビリ痺れるような快感に腰が仰け反った。さらに、唾液がたっぷり絡んだソレを優しくヌルヌル擦りつけられて、俺の意思とは無関係に、入り口は柔らかく綻んで大歓迎の体勢になっていく。
「ぉ、あ♡あ♡ふぁぁ、ああぁ…♡♡」
 逃げそうになる腰を、腿の後ろからケツに手を回してホールドされて、舌のさきっぽをつぽつぽ抜き差しされて…
 ちゅっ♡ちゅるっ♡ちゅばっ♡ぬちぬち♡くちゅっ、ちゅうっ…♡
 いつもはフェラの時にやるような、大サービスのやらしいリップ音が、聴覚からも俺の事を煽り立ててくる。残念ながら俺はといえば、このわざとらしい音が大ッ好きだ。腹の奥から疼いてどうしようもない場所に、こんなエロいのされようもんなら、一刻も早くナカをほじくって欲しくて堪らなくなるに決まってる。腸壁がせわしなく蠕動して、とめどなく愛液が滲んでぬかるんで、入り口がはくはく物欲しそうに収縮して、完ッ全にちんぽ咥えこむ穴として目覚めさせられた所で、舌の脇に一本、指が添えられる感覚があった。
「んあぁ…!♡」
 入り口を弄んで様子を伺った後、ぬるぅ、と、潤んだ中に潜り込んで来る。指先は、腹側の粘膜を重点的に詮索して、すぐに俺自身も知らなかった気持ちいい場所を探り当てた。
「ア゛あ゛ぁッ!?♡」
 ちんぽの裏側をぐっと押しつぶされると、条件反射で腰が飛び上がる。直後に今度は優しく撫で擦られると、そこを中心にして下半身全部が蕩けていってしまいそうだった。
「こーこ♡武蔵君がいつも私の事気持ちよくしてくれる場所ですよ。自分で体験してみてどうですか?」
「や♡んンン゛♡やらっ♡やらあぁっ♡♡そこヘンになるっ♡♡こりこりしないれえ゛ぇッ♡♡」
「ああ、そんなに気持ち良いの…?奥の方も、Ωはもう一つ気持ちいいんだろうなぁ…♡はぁ、羨ましい…♡」
 ビッチならではの意見をぽろりと漏らした月影さんは、さらに指を増やして気持ちいい部分を嬲ってきた。指の腹から根本まで余す所なく使って、二本の指でじっくり、じいっくり揉み込まれる。
「はあぁ♡はっ♡へ♡ぁ♡あはあぁ♡♡」
 それがあんまりキきすぎて喘ぎ声が止まらなくなった口から、だらしなく唾液が零れ落ちた。ちゅこちゅこ、ぐちゅぐちゅ、本来は濡れるはずのない所から、恥ずかしい音が響いてくる。他でもない自分自身が大喜びで濡らすおかげでどんどん滑りが良くなって、ぬるぬるのまんこはどんどん気持ちよくなる一方だった。

オメガの巣籠、サンプル

 私の番はとっても有能なΩだ。
 日本語の他にも英語と中国語のトライリンガルで、空手黒帯、射撃の腕は社内トップクラス。視野が広くて頭が良くてコミュニケーション能力も高い。場の空気を読むのも得意で、顧客の求めているものを察知してさらりと提供したりもする。おまけにお料理までとっても上手い。
 Ωは社会的に成功しない、なんて言われているけれど、彼を見ているとそんなものは嘘出鱈目だと感じる。確かにもしかしたら不都合な特徴はあるのかもしれないけれど、性差以外でも人間は生まれつき平等じゃないし多様性を持っている。だからΩを理由にするのはナンセンスだし、結局はその人次第じゃあないのかな?少なくとも私は仕事で彼に助けられているし頼らせて貰っているし、何なら武蔵君にお任せしている部分すら大いにある。部下が優秀なら上司なんて、普段はなんとなくソコに居て、問題があった時に下げる頭になっておけばそれでいい。
 ただ一方で、やはり本能にはどうあっても抗えないものらしい。だって最近武蔵君は、「今日こそあんたを抱きますから!」なんて息巻いてベッドに入るくせに、気分が盛り上がって来ると可愛くボトム側に寝返ってしまう。最初っから抱かれたいなんて言うのはプライドが許さないから、私を抱くんだって言う口実でセックスを始めているだけ。もはやただの様式美。
 今日だってそうだ。
 
「んっ♡ん♡ん、く♡ふ、ぅぅう♡♡」
 開きかけている奥の入り口に、ペニスの先端でキスをする。子宮内にハメられたい武蔵君の願いを叶えるために、最近のセックスはもっぱらここの開発だ。どうやらそのおかげで奥ハメが大好きになってしまったらしく、ヒートでも何でもないのに身を捩って感じ入ってくれる。
「…気持ちいい?」
「ぅ、ん…♡」
 左右にぱっくり開いた太腿を撫でながら問いかける。気持ちよくなると、自然にこうして足が開いてしまう可愛い体。蛙みたいな恰好は踏ん張りがきかなくて快感の逃がしどころが無いものだから、堪らなくなる度に内腿が震えて腰も跳ね上がる。でも武蔵君はこの恰好も大好き。無抵抗にペニスを受け入れるのが堪らないらしい。セックスの時のグスグズになったついでで勝手に白状してくれた。
「つきかげ、さぁん♡おく、シながら♡はぁっ♡ちんぽ♡ちんぽもシて欲しぃ♡」
「イきたくなっちゃったんですか?」
「う、ん♡イきたく、なってきたぁ…っ♡おくチュッチュってされながら♡ちんぽシコシコされたいっ♡おまんこアクメれんしゅうするぅ…♡♡」
「じゃあ、いつも通りぎりぎりまでおちんちん扱いてあげるから、最後はナカだけでイきましょうね♡」
「ん♡んん♡なかでイくのすきっ♡きもちくてしあわせぇってなる♡♡つきかげさんのちんぽでイくのすきいぃ♡♡」
 ヒートセックスではナカイキしまくってた武蔵君だけど、さすがに普段からそれは厳しいものがあるらしい。でもあの一件以降すっかり味だけはしめてしまったようで、ぎりぎりまでペニスで興奮してから、奥を突かれてトドメを刺されるのが大のお気に入り。
「ぉ♡おっ♡んんッ♡」
「分かりますか?これ、奥入りそうになっちゃってる…」
「へっ、は♡わかん、らい、けどっ♡でもきもちいいっ♡つきかげさんのおちんぽ奥まで来んのきもちぃ♡♡」
「ん、可愛い♡この調子なら次のヒートでは、ココ、武蔵君の要望通りにハメてあげられそうですよ♡」
 普段は相変わらず頭が良くて真面目で男気もある。自分がΩの本能に目覚めちゃいましただなんて、人前では間違っても表に出さないけれど、その実毎日欠かさずピルを飲んで次のヒートを心待ちにしている武蔵君。最高に気持ちよくなれるヒートの興奮の中で、ナマで奥を抜かれて中出しされるその瞬間が、楽しみで仕方ないみたい。
「あ♡いきそ♡いく、ぁ、はっ♡あぁぁ…♡♡」
 宣言を聞いて、ペニスから手を離して代わりに乳首を弄くってあげる。全く感じなかったはずのココも、気まぐれに触るうち、今では立派な性感帯になってしまった。
「はっ、あっ♡あっ♡ちくびきもひぃ♡♡しきゅうにきゅんきゅんクるぅ…!♡♡」
 ストロークを大きくして、奥の気持ちいい所を強めに叩いてあげる。絶頂感を訴えている時にそうすると、武蔵君は腰を突き出して足の指まで思いっきり力を入れて、とってもだらしなくて可愛い顔と恰好で感じてくれる。

(製品版へ続く)

製品版の購入はこちらから

うちの子オメガバース(オメガの目覚め/オメガの巣籠)
販売終了
Ω性をクローズドにしてαやβと遜色なく生きてきた武蔵。しかしある日、予期せぬ発情があった事を恋人でαの月影に気付かれてしまう。誤魔化そうとするも、発情したΩの体は目の前のαを求めてしまい……。

Recommend
こんな記事も読まれています!
記事URLをコピーしました